HOME>オススメ情報>福祉の専門家としての役割や資格取得のためのルート

求められていることとは

女性

新潟をはじめとして高齢化が進んでいる地域は増えていることから、福祉の重要性がクローズアップされています。もちろん福祉とは高齢者だけではなく、障がい者など社会的な弱者が抱える問題に対して支援するものです。そのような背景から、福祉に関する専門職の存在が注目されています。社会福祉士は、あらゆる分野に精通した福祉の専門家として、介護や障がいや児童虐待など、世間に蔓延するさまざまな問題の相談援助を行う仕事です。そのため、社会福祉士の就職先としては、介護施設や障がい者施設や児童福祉施設など非常に幅が広いです。つまり、社会福祉士になるために勉強したことを、様々な施設で活用することになります。また、個々の相談に応じることも重要な仕事でありますが、介護・医療・行政といった各業界との連携を強化するために、横のつながりを構築することも社会福祉士には求められています。仕事内容は非常にタフですが、その分やりがいはあります。

短大や専門学校卒業でも資格取得は可能

女性介護士

新潟で社会福祉士の国家試験を受験するためには、4年制の福祉系大学を卒業しなければならないと考えている人も少なくありません。しかし国家資格を取得するルートは複数存在し、福祉系の短大や専門学校卒業でも国家試験の受験資格を得ることは可能です。福祉系の短大の場合、卒業するだけでは受験資格を得ることはできません。学習期間と通算して4年以上になるまで、相談援助の実務経験を積まなければなりません。つまり2年制の短大なら2年以上、3年制の短大なら1年以上の実務経験が必要です。社会福祉士を目指せる専門学校には色々種類があり、大学よりもより実践的な内容が学べます。また就学期間も2~4年と幅がありますが、4年制の専門学校以外は、短大と同じように実務経験を積んでから国家試験を受験することになります。

広告募集中